”PPE”(プラグイン・パワー・エンハンスメント) - interstar AUTOMOTIVE サーブ

アフターパーツ.co.jp ホームへ

オーストリアに本拠地を構える技術集団インタースターオートモーティブテクノロジー社が、全く新しいシンプルでスマートなパワーチューニングを実現しました。その名も”PPE”(プラグイン・パワー・エンハンスメント)製品名の通り、プラグイン(カプラーの接続)装着だけでエンジンパワーアップの向上を可能にした画期的な製品です。従来のエンジンパワーチューニングではECU本体のプログラミングを書き換える作業が必要でしたが、ディーラーなどへの整備入庫やチューニングリスク、価格面などのハードルが高く、一部の特別なユーザー様だけに向けた製品でした。

インタースター社の”PPE”はECUに一切触れず(書き換え無しで)にチューニングが可能です。エンジンルーム内のプレッシャーセンサー(1〜4カ所)のカプラーに”PPE”のハーネスを割り込ませ、本体を適当な位置に固定すれば装着作業は完了です。電源など追加配線の必要もありません。ユニット取り付け作業はプラグインで完了します。エンジン本体には一切変更を加えませんので、”PPE”を外してカプラーを戻せばノーマルに戻ります。気軽に、安心してパワーチューニング(出力&トルク向上)を楽しめる”PPE”は、エンジンパワーチューニングの概念を変える次世代標準として多くのユーザー様に提案出来るチューニングパーツです。ターボ&スーパーチャージャー等の過給機を搭載したマシンの開かれたチューニングを是非とも体感してください。

”PPE”は過給機(ターボ&スーパーチャージャー)を搭載した車両用のエンジンチューニングデバイスです。エンジンの吸気、燃料噴射、過給制御にチューニング指令を送ります。具体的には各車両(エンジン)のブーストセンサー(プレッシャーセンサー)から得られる電気信号に独自のチューニングを加え、ノーマルECUに認識・最適制御させることによりエンジンチューニング(パワーアップ)を行います。各種リミッターやフェールセーフ機能には一切変更を加えませんので、最低限のリスクで安全、確実にエンジンチューニングお楽しみいただけます。搭載されるマイクロCPUは、チューニング制御に十分なパフォーマンスを発揮し、かつ安定性、耐久性の高いモデルを採用。刻々と変化するエンジンの状況に十分な余裕をもって対応します。
”PPE”(プラグイン・パワー・エンハンスメント)本体&ハーネス一式、約200g(V1.0通常品)のパッケージを装着する事により、ノーマル比、最大30%(平均15%〜20%)のパワーアップが可能です。本体ユニット(マッピングプログラム)は当然汎用ではなく、エンジン制御システム毎に全て専用プログラムが書き込まれています。(エンジン個体差に対応する微調整機能付き)各エンジン用専用ハーネスの接続先は1〜4カ所。各車両メーカーの純正形状のカプラーを採用していますので、面倒な配線作業をすることなく、プラグインで装着が完了します。

※装着時のパワー値は本国発表の参考値(期待値)です。 装着されるお車のコンディション、標高、気圧、燃料等、様々な条件で実際のパワー値は変動いたします。 (INTERSTAR社では、タービンやインジェクターなど、補器類を含めたエンジン全体のチューニング耐性を考慮し、条件次第で実際に到達が期待できる数値を公表しています。)
サーブ
車種 型式 年式 備考 エンジン ノーマル PPE装着時 品番 販売価格
9-5 GA 2011〜 2.0 THP 220PS 350NM 249PS 395NM 30.29.01 ¥82,080
GA 2011〜 2.8 THP 300PS 400NM 339PS 457NM 30.31.01 ¥92,880
********************PPE取付について********************
"PPE"はエンジン制御に関わる重要なセンサー部に接続します。作業ミスや手順不備によりエンジン故障や"PPE"本体の破損の恐れがありますので、取り付け作業は万一のトラブル発生にも的確に対応できる、診断機を備えた各自動車メーカー専門店にご依頼いただくことを推奨いたします。

"PPE"には、株式会社ハンズトレーディングが国内向けに独自発行する”取り扱い説明・保証書”を添付しております。説明書の内容をよく読み、内容をご理解頂いた上で装着して下さい。

"PPE"は100%適合を保証するものではありません。センサー類の個体差や劣化などにより、同一車種・グレード・年式のエンジンでもマッチング不良となる場合がございます。

<<重要な注意>>
◇"PPE"は一定のチューニングリスク(※)を伴うエンジンチューニングパーツです。"PPE"のチューニング手法は、インタースター社の優れたノウハウを最大限に生かした安全な手法を採用しておりますが、ノーリスクではないことをご理解の上装着をお願いいたします。

◇添付の取付説明書(写真及び日本語注記入り英語版)を見ても装着手順がわからない場合には、絶対にご自身で作業を行わず、専門店や整備工場に取り付けをご依頼ください。(接続ミスによるPPE本体の基盤破損は保証いたしません。)

◇"PPE"のご検討に際し、不安な点やご不明な点がございます場合には、ご購入前にお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

(※)ノーマル以上に出力をアップさせ、スポーツ走行を行うことによる車両各部に対する負荷の増加や、故障・破損頻度増加の可能性など、ごく一般的なチューニングリスクです。耐久性やディーラー対応を過度に気にされる場合にはノーマルのままで乗られることを強く推奨いたします。

◇”PPE”の本体ユニット(チューニングモジュール)を外し、代わりに”PNM”(プラグイン・ノーマル・モジュール)を装着する事により、専用ハーネスを車両に装着したまま、一時的にノーマル(原状復帰)状態に戻すことが可能です。 PPE V1.0用 ※V2.0/V3.0に標準付属)
※カーディーラー、整備工場などに入庫の際には、無用なトラブルを避ける為にも、ハーネスを含めて全て取り外すことを強く推奨いたします。
※V1.0タイプにもPNM(ノーマルモジュール)が付属になりました。

*** インタースター社からの追加情報 ***

1)接続は確実に行われていますか?
装着直後、全く効果が体感出来ない、警告灯が点灯したなどの場合、接続(接触)や接続先、接続方向に問題があるかもしれません。直ちに全てのカプラーを一度取り外し、接続先や接続方向をよく確認してください。

2)ガソリンは良質ですか?
今まで調子が良かったのに突然警告灯が点等した場合、ガソリンに問題があることも考えられます。給油所を変更したりしてませんか?(PPE装着車にレギュラーガソリンは絶対に給油しないで下さい。想定外の燃料はエンジン故障のリスクとなります。)

3)センサーや補器類は正常ですか?
接続するエンジン側センサーやディバーターバルブなどの補器類が劣化していると正常にパワーアップを行う事ができません。(PPE装着により劣化したエンジンセンサー類の故障を誘発する可能性がありますが、このような場合には該当のセンサー類を新品に交換して下さい。)

4)センサーの個体差によるマッチング
同一車種・エンジンでも、センサーや補器類の個体差によりPPEの効果が出過ぎてしまう場合があります。もしも排気系エラーや過給圧系エラーが出てしまう場合には効果を微調整することが必要です。
”PPE”(プラグイン・パワー・エンハンスメント) - interstar AUTOMOTIVE サーブ