ROVERローバーパーツ/グッズ・エアロ・サスペンション・マフラー・ブレーキ等アフターパーツを激安価格で全国通販!

アフターパーツ.co.jp ホームへ
ローバー

ローバー用パーツを車種から検索

車種名をクリックするとその車種に対応したアフターパーツメーカー一覧が表示されます。
(スペーサー・ボルト等一部商品は車種別分類をいたしておりません。商品ブランドからの検索でお確かめください。)

100 Series 200 Series 400 Series 600 Series 800 Series
MG MGF 75  
◆ローバーとは?
ローバーRover)1884年二輪車の製造を開始、1904年に自動車製造を開始した歴史あるブランドである。中型サルーンを中心としたラインナップを展開していた。 イギリス王室に納入された車種もあり、現在も良きイギリスの伝統をセールスポイントとしている。 最多生産車種は Rover 200。
◆歴史
1967年に、後にイギリス国有企業となるBritish Leyland社(ブリティッシュ・レイランド)の一部門として吸収された。 1980年代に国有企業からBAe(ブリティッシュ・エアロスペース)社に売却され、その際に会社名として、再びRover(ローバー)を使用した。 イギリス自動車産業界の変遷により、合併してきたモーリス(Morris)、オースティン(Austin)、ウーズレィ(Wolseley)、ライレー(Riley) 、トライアンフ(Triumph)の各ブランドを眠らせたまま、RoverとMGのブランドのみを使用していた。 1990年にホンダと資本提携関係を結んび日本からの社員派遣や共同開発など盛んに行われていたが、その後1994年にドイツの自動車会社BMWに買収されホンダとの資本提携関係は解消される。 2000年にBMWが業績不振により、イギリスの投資グループのフェニックス・コンソーシアム(代表者はジョン・タワーズ。元ローバーグループ会長)に売却した。その際にBMWはフォードにランドローバーを売却し、Rover、MINI、ウーズレイ(Wolseley)、トライアンフ(Triumph)のブランドは引き続き保持した。 2000年にMGローバー社(MG Rover Group)として再出発、長年ローバーの陰に隠れていたMGのラインナップを充実させて生産が継続される。 2003年にインドのタタ・モーターズと技術・資本提携をし、タタの小型車「インディカ」を「シティローバー(CityRover)」として輸入販売。 2004年で100周年を迎え、Roverブランドを冠する車の累計生産台数は500万台に達した。
◆ローバー主な車種
Rover 75 Rover 400 1998 Rover 200
Rover 75 Rover 400 1998 Rover 200
2002 Rover 25 1997 Rover 800
2002 Rover 25 1997 Rover 800
出典:Wikipedia