MONROE モンロー ショック バンマグナム

アフターパーツ.co.jp ホームへ

1926年、モンローオートイクイップメントカンパニーは世界初のショックブソーバーになるモンローショックエリミネーター(衝撃除去機)を発明、さらに3年後の1929年には今日のショックアブソーバーの原型となるダブルアクションタイプ(伸び縮み双方に働く)のショックアブソーバーを世に送り出しました。モンローブランドで作られるショックアブソーバーの1本1本は自動車メーカーの厳格な要求以上の品質を満たすように設計・製造します。アフターマーケット市場製品に関しても、より優れた操作性、快適性、安全性を提供する製品を作り、センサトラックやリフレックスと絶えず技術革新を投入した製品をリリースしている。

ワンボックス・ミニバン専用コストパフォーマンスモンロー「バンマグナム」
ワンボックス・ミニバン用としてしなやかな減衰力特性を持つオイルタイプを主に使用。特にリアにリーフスプリングを使っているバンタイプのコマーシャルカーに最適です。
 伸び側の減衰力を重視したセッティングは、乗り心地を改善しながらハードな使用にも安定した操作性を可能にします。

モンローバンマグナムはワンボックス・ミニバン車の為に開発されます。
しなやかな減衰力特性により荷物の損傷を保護
車両疲労の軽減
ロングドライブ時のドライバーの疲労を軽減
ロードホールディング性とスタビリティを高めます
優れたコストパフォーマンスを実現

バンマグナムの優れた技術的機能
サイズアップによるキャパシティの向上
高い品質による優れた耐久性能
優れた減衰力特性により、コントロール性と安定性を向上させます
フル積載時においても最適なハンドリング性能の確保
MONROE モンロー ショック バンマグナム