MONROE モンロー ショック プロテクションキット

アフターパーツ.co.jp ホームへ

1926年、モンローオートイクイップメントカンパニーは世界初のショックブソーバーになるモンローショックエリミネーター(衝撃除去機)を発明、さらに3年後の1929年には今日のショックアブソーバーの原型となるダブルアクションタイプ(伸び縮み双方に働く)のショックアブソーバーを世に送り出しました。モンローブランドで作られるショックアブソーバーの1本1本は自動車メーカーの厳格な要求以上の品質を満たすように設計・製造します。アフターマーケット市場製品に関しても、より優れた操作性、快適性、安全性を提供する製品を作り、センサトラックやリフレックスと絶えず技術革新を投入した製品をリリースしている。

先進のショックアブソーバ・テクノロジーを投入し、最先端の性能を備えるモンロー「センサ・トラック」
センサ・トラックショックアブソーバの大きな特徴は道路感知テクノロジーにあります。通常走行ではそれぞれの自動車メーカーが設定した乗心地を確保し、走行条件が厳しく(回避操作・急ブレーキなど)なるとセンサ・トラックショックアブソーバは自動的に状況に反応し、即座に減衰力を高めてノーズダイブやロールを抑えてハンドリング・コントロール性能を向上させます。本来この相反する二面性をセンサ・トラックテクノロジー(可変減衰力特性)によって、あらゆる走行・天候条件においても最大限のロードグリップ性能を持続させることが可能になり、優れた安全性を確保します。
センサ・トラック テクノロジーはライドコントロールを高水準に到達させた!
通常走行
ピストンのストロークが小さく低速運動時は、ブルーで示す領域のインナーチューブ内のテーパー付ポジションセンシティブ ダンピング(PSD)溝により、オイルの流れは一部バイパスされます。
<効果>
路面からの不快な突き上げ感を解消し、絶妙な乗心地を発揮します。
高速・ハード走行
ピストンストロークが大きく、高速運動時はオイルがPSD溝の通過可能流量を超えバルブのみに流れ込みます。さらにピストン&ベースバルブはマルチステージバルブシステムを採用し、急激なピストンスピードの変化を捉え、適度な減衰力を瞬時に立ち上げます。
<効果>
シビアなハンドリング操作にも追従、タイヤ性能を100%引き出し、コーナーリング・ブレーキングなどにより高度なコントロール性・安定性が得られます。
Safe-Tech Systemは、3つの改良されたテクノロジーによって、安全性・コントロール性を高め、
センサ・トラックショクカブソーバをさらに進化させます。
PSDグループデザイン
最大限のロードコンタクト性能を発揮させるために、それぞれの車両のテストを繰り返し、よりスムーズな可変減衰力特性に改良されます。
*PSD=Position Sensitive Damping
バルブデザイン
モンローはすべてのディスクバルブシステムを新設計しました。これによりあらゆる道路条件によりよい反応性を提供します。
ショックオイル
-40℃から120℃までの安定した減衰力を保証するために、新たに改善されたショックアブソーバオイルを採用しました。これにより起動時からのあらゆる温度域及び様々な環境でもセンサ・トラック性能を保ちます。
センサ・トラック(低圧ガス・ツインチューブ)
@モンロー独自の低フリクションオイル・ガスシーリングシステム
A低フリクションテフロンコーティングピストンロッドガイド
Bスーパーフィニッシュピストンロッド
Cテフロン合成ピストンガイド
Dマルチステージピストンバルブシステム
Eマルチステージベースバルブシステム
F低圧ガス封入
Gアップグレードショックアブソーバオイル
ラインナップ
ショックタイプ 品番構成
低圧ガスツインチューブ S1000・S2000・5000ST・F5000ST
高圧ガスシングルチューブ S5000
低圧ガスカートリッジ S3000
低圧ガスストラット S4000・71000ST・F71000ST
MONROE モンロー ショック プロテクションキット