MONROE モンロー ショック プロテクションキット

アフターパーツ.co.jp ホームへ

1926年、モンローオートイクイップメントカンパニーは世界初のショックブソーバーになるモンローショックエリミネーター(衝撃除去機)を発明、さらに3年後の1929年には今日のショックアブソーバーの原型となるダブルアクションタイプ(伸び縮み双方に働く)のショックアブソーバーを世に送り出しました。モンローブランドで作られるショックアブソーバーの1本1本は自動車メーカーの厳格な要求以上の品質を満たすように設計・製造します。アフターマーケット市場製品に関しても、より優れた操作性、快適性、安全性を提供する製品を作り、センサトラックやリフレックスと絶えず技術革新を投入した製品をリリースしている。

モンロー「プロテクションキット」

ラインナップ
品番構成
PK000・63000

@ハイクオリティマイクロセルラーウレタンバンパー
Aピストンロッドの汚れや飛び石を防ぐダストカバー
B耐久性のあるバンパーとダストカバーアタッチメント形状
C排水性のよいダウトカバー下部デザイン
近年のサスペンションセッティングは第2のスプリングとしての働きをするバンプラバーが非常に重要な働きをしています。モンロープロテクションキットはハイクォリティ・マイクロセルラー・ウレタンバンパーにより、ショックアブソーババンプストローク限界付近での衝撃を吸収する他に、過度なロール・ノーズダイブ・積載時の車体沈み込みをコントロールし、センサトラックショックアブソーバの機能をより効果的に発揮します。さらにショックブーツがセット(品番によって内容は異なります)になっており、飛び石や汚れからピストンロッドを守り、ショックアブソーバの寿命を延ばし、機能を回復させます。

劣化したバンプラバー・ブーツ交換による改善要因
●サスペンション性能回復によるロードホールディング性の向上
●車高・コーナーウエイトバランスの改善
●バンプ時の衝撃吸収性の改善
●車両・ショックの損傷を防ぎます
MONROE モンロー ショック プロテクションキット