KONI FSD サスペンション

アフターパーツ.co.jp ホームへ

F1 233連勝が物語る、KONIショックアブソーバーの輝かしい歴史。走りにこだわるスポーツカーの多くが、純正ショックとして採用しているKONIショックアブソーバ。その秘密は誰にもまねできない独自の減衰力特性がもたらすマン・マシン・インターフェイス。伸び側と縮み側の減衰力を完全に独立して制御する精密かつ得意なシステムが車体ロールを押さえて、低姿勢を保ちしなやかで安定したハイスピードコーナリングを可能にする。コニ ショックアブソーバーはサーキットでの高速走行から市街地での低速走行まで、常に最高のポテンシャルを人とクルマに発揮する。コニ、それは走りを楽しくするテクノロジー。

KONI

F1 233連勝が物語る、KONIショックアブソーバーの輝かしい歴史。走りにこだわるスポーツカーの多くが、純正ショックとして採用しているKONIショックアブソーバ。その秘密は誰にもまねできないKONI独自の減衰力特性がもたらすマン・マシン・インターフェイス。伸び側と縮み側の減衰力を完全に独立して制御する精密かつ得意なシステムが車体ロールを押さえて、低姿勢を保ちしなやかで安定したハイスピードコーナリングを可能にする。KONIショックアブソーバーはサーキットでの高速走行から市街地での低速走行まで、常に最高のポテンシャルを人とクルマに発揮する。KONI、それは走りを楽しくするテクノロジー。

■CASE.1 市街地での走りを快適に信号や渋滞などのストップ&ゴーや路面の凹凸による不快な車体の揺らぎを軽減。乗り味を最大限に向上させ、お子さまの車酔い防止にも効果を発揮します。
■CASE.2 ワインディングロードをゆるぎなく走行あらゆるコーナーで発生する様々な車の傾きを抑え、思いのままのコーナーリングを楽しめます。
■CASE.3 高速道路をしなやかに走行道路の継ぎ目からの不快な突き上げを効果的に吸収。レーンチェンジの際もスムーズかつ安定した挙動を保ちます。
FSDの減衰力調整域 常識をくつがえす革新的機構のショックアブソーバーKONI FSD誕生 電子制御式と一線を画した、減衰力自動調整機能。 一般的な電子制御式では、センサーの働きにより予め設定されたパターン内での「近似値」に減衰力を調整するのに対し、FSDは「FSDバルブ」がピストンのスピードやストロークに応じて減衰力を「最適化」します。下記グラフの「2本の曲線で挟まれた面」の範囲内なら、減衰力はいかなる強さにも自動調整。つまり、あらゆるドライビングシーンで、常に最適な乗り味を生み出すのです。
優れたコストパフォーマンス FSDの自動調整機能には、複雑なコンピュータや電子センサーなどを一切使用していません。機械式のメカニズムで自動調整を実現しているためコストパフォーマンスに優れ、多くのドライバーに究極の乗り味を、お求めやすい価格でご提供します。
装着方法は通常のショックアブソーバーと同様 電子機器を繋ぐケーブルなども一切なく、純正のショックアブソーバーと同様の工具・設備・手順で車両への装着が可能です。 ※ 車種によっては特殊な工具や設備が必要となる場合があります。

サスペンションの動きを制御する力は「減衰力」と呼ばれ、ショックアブソーバー内のピストン部を通過するオイルの抵抗により発生します。FSDはその力を自動調整することにより、いかなるときも乗り味を最適化するのです。
図1:ピストン部
通常のショックアブソーバーでは、図1のルート 1をオイルが通ることで減衰力が生まれます。FSDはそれに並行して、特許機構であるFSDバルブを設けたルート2を設定。ピストンスピードやストロークの変化に応じて、ルート12を通過するオイル量を自動的にコントロールし、減衰力を調整します。長き歴史に裏付けられた確かな技術と基本原理の追求によって、電子制御システムに一切頼らない革新の機構を実現しました。

バルブ
オイルの通過量を調節する弁。
オイル室
バルブの中央をオイルが通過することによりオイル室内の油圧が変化し、バルブを上下に移動させる。
ピストンスピードやストロークが小さいとき
減衰力 小
小さな油圧が生じ、バルブが押し下げられる
オイル通過量が増える
ピストンスピードやストロークが中くらいのとき
減衰力 中
油圧が高くなるにつれ、オイル室が膨らみ、バルブが押し上げられる
オイル通過量が減る
ピストンスピードやストロークが大きいとき
減衰力 強
小油圧が一定以上の高さになると、オイル室が最大限に膨らみ、バルブが全閉となる
FSDバルブではオイルが通過しなくなる