JEEP ジープパーツ/グッズ/サスペンション/マフラー/ブレーキ等アフターパーツを激安価格で全国通販!

アフターパーツ.co.jp ホームへ
JEEP

ジープ用パーツを車種から検索

車種名をクリックするとその車種に対応したアフターパーツメーカー一覧が表示されます。
(スペーサー・ボルト等一部商品は車種別分類をいたしておりません。商品ブランドからの検索でお確かめください。)

Jeep チェロキー Jeep コマンダー Jeep グランドチェロキー Jeep ラングラー Jeep グランドワゴニアー
◆ジープとは?
ジープ (Jeep) は、クライスラー社の四輪駆動車のブランドである。ジープは単なる商標に留まらず、その優れた設計から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となっている。
フォード・GPW
Jeepという名称は General Purpose(万能)もしくは Government-use(政府用)の G とホイールベース 80 インチの車両を表す識別符号の P から来た符号 GP から“ジープ”と命名されたという説や、漫画「ポパイ」に登場する「ユージン・ザ・ジープ」からとったという説がある。
◆ジープの歴史
  • 1940年 アメリカ陸軍需品科はポーランド侵攻におけるキューベルワーゲンの活躍に注目し、135社の自動車製造会社に大まかな設計要件を伝え、小型偵察車開発計画に応札することを要請した。(en) アメリカン・バンタム社が落札し、プロトタイプを製作する。
  • 1941年 弱小企業であるバンタム社の生産能力を危惧する陸軍はバンタム社の設計図を公開し、これに基づき(en) ウィリス・オーバーランド社はウイリスMAを、フォード・モーター社もフォード・GPと呼ばれるプロトタイプを製作。3社合わせて数千台規模により実戦投入された結果、ウィリスMAに改良を加えたMBが正式採用される。
    同年中に日本陸軍がフィリピン作戦にてバンタムMk II(BRC-60)を鹵獲、内地に持ち帰る。これをコピーするようトヨタ自動車に命じ、1944年8月にトヨタ呼称AK10型として試作車5台が出揃い、御殿場で試験された。その結果、陸軍・四式小型貨物車として制式採用されるが、極度の資材欠乏と労働力低下から生産が間に合わず、ジープのような活躍の記録は無い。
    また、このAK10型と戦後のトヨタ・ジープ、のちのランドクルーザーとの設計面でのつながりも一切無い。
  • 1942年から、同一仕様のウイリスMB、フォード・GPWの生産が始まる。
  • 1953年 新三菱重工業、後に分社して三菱自動車工業、がウィリス社のジープ(CJ-3A、すぐにCJ-3Bに切り替わる)のノックダウン生産を始める。
  • 第二次大戦後、ウィリス・オーバーランド (Willys) 社が商標を所有していたが、ウィリス・オーバーランド社を1953年にカイザー (Kaiser) が買収し、社名をウィリス・モーターズ・インコーポレーテッドとして子会社化。1963年にはカイザー自体が社名を「カイザー=ジープ・コーポレーション」とした。カイザー=ジープ社は1970年にはアメリカン・モーターズ (AMC) に買収される。AMCは1980年にはルノー傘下に入り、1987年にはAMCがクライスラー社に吸収され、クライスラー社も1998年にダイムラー・ベンツと合併し、ダイムラー・クライスラーとなった。2007年にダイムラー・クライスラーは、クライスラー部門を米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントに売却、現在はクライスラー(Chrysler LLC)の一部門・ブランドである。
◆車種一覧
ジープ・ラングラー

現行型はJK型と呼ばれている。CJ、YJ、TJと続いてきた、ジープの本流とも言えるモデル。
ラングラー アンリミテッド サハラJK 2007モデル
ラングラー アンリミテッド サハラ
JK 2007モデル
ラングラー XJK 2007モデル
ラングラー X
JK 2007モデル
ジープ・チェロキー

現行型はKJ型と呼ばれている。日本では先代型であるXJ型がヒットした。本国での名称はリバティ。
チェロキー/リバティー (KJ)
チェロキー/リバティー (KJ)
ジープ・グランドチェロキー

現行型はWH型と呼ばれている。ジープブランドのフラッグシップモデル。本国ではクライスラーのSRT HEMI V8 6.1Lを積むホットモデル、SRT-8と、5.7L HEMI V8 MDS のオーバーランド も存在する。
グランドチェロキー (WH)
グランドチェロキー (WH)
出典:Wikipedia