FORD フォード パーツ / グッズ・エアロ・サスペンション・マフラー・ブレーキ等FORD用アフターパーツを激安価格で全国通販!

アフターパーツ.co.jp ホームへ
フォード

フォード用パーツを車種から検索

車種名をクリックするとその車種に対応したアフターパーツメーカー一覧が表示されます。
(スペーサー・ボルト等一部商品は車種別分類をいたしておりません。商品ブランドからの検索でお確かめください。)

Ka FOCUS モンデオ ESCORT フィエスタ
Probe Taurus Mustang Thunderbird クーガ
Explorer 4WD E Series Van Expedition Excursion Pickup F Series 4WD
GALAXY PUMA エスケープ リンカーン
Town Car
リンカーン
Navigator

◆フォードとは?
ヘンリー・フォードHenry Ford)はアメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者である。

フォード・モーター(Ford Moter,NYSE:F)は世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世によって築かれた米国の自動車メーカーである。当時金持ちのおもちゃといわれた自動車を大量生産によって大幅に値下げし、フォードを代表する名車『T型フォード』を生み出した。この成功によってフォード自動車会社は一時期アメリカ市場の5割を占める大会社となる。工場はアメリカの他、英国やドイツ、オーストラリアにもある。現在は日本のマツダや世界各地の自動車会社を傘下に収める大メーカーに成長。

工業製品の製造における大量生産の方式を開発し、自動車が大衆に普及させるのに多大な貢献をなした。

カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1500万台以上も生産された。この生産台数を可能にしたのは流れ作業による大量生産技術であり、これにより、販売価格を低く抑えながらも販売数量を拡大することにより企業利益を確保するという考え方を実現できるシステムを構築した。

◆フォード社の創業
1903年6月16日、ヘンリー・フォードは11人の投資家とともに、2万8千ドルの資金でフォード・モーター・カンパニーを創設した。自社が新しく設計した車の性能を見せるため、セント・クレア湖の氷上1マイルを走り、39.4秒(91.37 mph=147.05 km/h)の記録を出し、自動車速度の世界新記録を樹立した。
◆フォードのこれまでの主な車種
Ford Model T Roadster Ford Mustang 1955-1957 Ford Thunderbird
Ford Model T Roadster Ford Mustang 1955-1957 Ford Thunderbird

1961 Ford Thunderbird Hardtop 1967 Ford Thunderbird Fordor Landau Ford Thunderbird
1961 Ford
Thunderbird Hardtop
1967 Ford Thunderbird
Fordor Landau
Ford Thunderbird

Ford Focus 2004 Ford Fiesta Ford Mondeo 2004
Ford Focus 2004 Ford Fiesta Ford Mondeo 2004
◆T型フォード

ヘンリー・フォードの時代のフォード社製品としては、T型フォード(Model T)およびA型フォード(Model A)が知られている。T型フォードは1908年に発表され、1909年から1913年にかけて、フォードは宣伝のため盛んにT型フォードを自動車レースに出場させた。1913年にはT型は十分に有名になり、全米に行き渡り、宣伝のためのレース出場は必要なくなった。1918年までに、アメリカで保有される自動車の半分はT型フォードとなっていた。フォードは労働者に対して独特な考えをもっており、当時としては珍しかった、8時間労働や一日あたり5ドルの賃金という厚遇を与えた。その目的は労働の質を高め、生産計画の都合で一時帰休などが生じても熟練した労働者が他に移らないようにするためである。T型フォード生産の最盛期には賃金は一日あたり6ドルとなった。またさらに投資により社の利益を共有する計画なども提供された。一方で労働組合には強硬に反対し、組合結成を防ぐために専門家を雇ったりもした。1941年全米自動車労働者組合は、フォードの組合政策に抗議する座り込みストライキが行われた。フォードは部分的には妥協したが、フォード社における組合の完全な結成は、フォードが退社した1945年まで行われなかった。 1919年ヘンリー・フォードは社長職を息子のエドセルに譲ったが、依然経営にかかわり続けた。1920年代にフォードは、ブラジルにフォードランディア(Fordlandia)と呼ばれる広大な土地を買い付けた。これはフォード社の車にゴムタイヤを安定供給するためであった。

◆A型フォードとその後

エドセルは新しいモデルの投入が必要であることを父に説得しつづけた。ヘンリーは1926年になってそれを了承する。こうして1927年12月にA型フォードが登場し1931年まで販売された。(T型以前に初期のA型からB、C・・・、R、S、そしてT型まで試作車も含め連続したモデル名を使用していた。T型の次がU型でなくA型となったのは、長期に好評でフォード社をフォード社たらしめたT型の後は心機一転、仕切りなおしでA型から、となったものである。初期のA型からT型の間には豪華なK型や、シンプルさが受けたN型、その発展型S型などがある。)

フォードはまた農産物、とりわけダイズからのプラスチックに関心を持った。ダイズから生産されたプラスチックはフォード社の自動車の部品として使用された。プラスチック使用の試みの頂点は、1942年に生産された自動車である。この車のほとんどの部品はプラスチック製で、同じ型の車と比べて3割軽量であった。

出典:Wikipedia